正しい選択

アークから犬や猫たちが、新しい家族のもとに移って行くとき、彼らが見せるとまどいや心配気な表情を、わたしはいつも見つめています。車で立ち去るとき、彼らは車の窓越しにこちらを振り返って見ています。また、わたしが新しい家に連れて行き、帰って来ようとすると、彼らの目はまるで、「ここに置いて行かないで」と訴えているようです。そんなときわたしはいつも、これでいいのかと自問自答するのです。「この犬は、幸せになれるだろうか?」「わたしの決定は、正しかったのだろうか?」
それにしても、いったん新しい家に落ち着いたペットたちが、アークを再訪して見せる態度は、飼い主への献身的な愛情なんですね。飼い主の動きから目を離そうともしません。彼らの目は、「どうぞ、ここに置いていかないで」と言っているのです。
こういうときこそ、彼らから素晴らしいお返しを受け取ったと、わたしたちは感じます。アークに初めてやって来たときには、悲惨な姿であったのに、新しい家族と一緒にまた来てくれる犬や猫たちが、健康で楽しそうで、飼い主に愛されているのがよくわかるからです。アークの仕事がいくら大変でも、骨折りがいがあるというものです。


でお買い物をして、ARKをご支援ください! [詳細はこちら]
日本の犬猫は幸せか ー エリザベス・オリバー

More info at
Amazon.co.jp

動物と分かちあう人生-エリザベス・オリバー

More info at
Amazon.co.jp
Rescue!エリザベス・オリバーの動物シェルター

More info at
Amazon.co.jp

スウィート・ホーム物語―オリバーさんと、幸せをつかんだ22匹の犬

More info at
Amazon.co.jp
Also see our: US wishlist UK wishlist JP wishlist